日本では「大安」などの無難な日を選びたがる人が多いので

小売業の場合、「飲食料品小売業」「衣服身の回り品小売業」「医薬品・化粧品小売業」、普通の言い方にすると「お菓子屋さん」「洋品店」「薬屋さん」と言ったように扱い商品で分類したものを「業種」と言っている。百貨店やスーパーのようにいろいろなものを売っているものは業種で言うなら「各種商品小売業」である。 では業態とは何かというとそれは「スーパーマーケット」「コンビニエンス・ストア」「ドラッグ・ストア」「ディスカウント・ストア」などを言う。これらはマス(大衆)としてのサカイ引越センターを顧客として設定し、その顧客のニーズに合うビジネスの形を作り出し、量販を志向するものである。こうして戦略的に作り出された小売業の形態を業態と呼ぶのである。 したがって、「うちは雑貨を売る専門小売業態だ」と町中の一般店が言ったとしてもそれは業態とは言えない。ある商品群に絞り込んで専門的に売っていたとしても顧客のニーズによる絞り込みとそのための戟略的な営業方式がないと業態ではないと言える。