紫外線によって日焼けが起きる理由

日焼けが紫外線によって起こるということをご存知の方は多いと思います。
お肌の日焼けの背景にあるという紫外線とは、どんなもののことでしょう。
紫外線は、太陽の光を構成している波長の一つであり、A波、B波、C波の三種類があります。
ガラス窓のような透明な物体では、紫外線A波を遮ることはできず、皮膚へと届きます。

車内や室内にいても日焼けをしてしまうのは、A波と呼ばれる紫外線によるものと言えます。
天気がよくない日や、雲が重くたれこめている日は、紫外線B波が地上には届きにくくなります。
紫外線B波はオゾン層ででもカットされています。
C波はオゾン層を通過できないため地上まで到達することはまずありえないと考えてよいでしょう。
ガラスを通り抜けるために、紫外線A波は日中ずっと浴び続けることが多くなる波長の光ですが、真皮層までしか届かないので、影響はごくわずかです。
紫外線A波に関しては、屋内にいる時でも肌に到達する可能性がある光ですので、そのつもりでの予防策が必要になります。
肌の色が黒っぽくなることだけが、日焼けの効果ではありません。
しみやくすみがふえて、たるみや肌老化の原因にもなってしまうものです。
日焼けは、紫外線から肌を守るための体の機能として、メラニンを多く発生させて結果です。
こんがりと焼けた肌は、活動的な印象を人に与えますが、肌にとって日焼けは決していいものではいえまいので、ほどぼどにしておきましょう。

3秒診断 即日発行 アコム 20号向町むじんくんコーナー