早寝早起きで作業効率を高めるようにしています。

私は早寝早起きを続けています。
以前は午前4時台〜5時台に起床していたのですが、さらに早くなり、今では午前3時半に起床しています。

その分、早く就寝するために、午後8時頃には床に就くようにしています。
睡眠時間としては7時間半から8時間程度なので十分です。

一気に早寝早起きをしようとすると、体内時計が付いていかずに大変ですが、30分程度早めて行くならば、それほど支障はありません。

早起きをしても睡眠不足では、その日1日の行動が上手くいきません。
その為、せっかく早起きをして効率の良い行動をするならば、やはり十分な睡眠は欠かせません。

昼間はしっかり動いて、頭を働かせるようにすることで、夜はぐっすりと眠ることができます。
特に最近は半身浴をやっているので、布団に入ってからも足がポカポカと温かく、冷え性の私には嬉しいことです。

午前中がかなり長くなりましたが、1日の作業の7〜8割くらいを済ませているので、午後からは比較的ゆっくり過ごすことができます。交通事故したときに評判がいい保険とは